高齢出産は妊娠率の低下が考えられる?

高齢出産が珍しくない時代になったといってもやはり危険性というのはあります。

若い年代に比べるといわゆる35歳い上に当てはまる人たちと比べると妊娠率というのは

大きく下がるのは事実です。

もちろん40代にはいると極端に下がってしまうので早めに妊娠活動をするのは

望ましいことだと言えます。

しかし高齢出産でも妊娠でき元気な子供を育てているお母さんはたくさんいますので

絶対的な不安を抱くこともないでしょう。、

ではなぜ妊娠率低くなるのか?

人は年齢を重ねると老化という現象がおきますよね。

それって目に見えるところだけではないのは当然ではないでしょうか?

妊娠に必要な生殖器や卵子そのものの老化というのも

実際起きます。

そしてそれは妊娠できない理由に大きく関係するため卵子などの老化予防というのは

必要になってきます。

そもそも不妊というのは1年以上妊娠活動をしうまくいかなかった場合のことをいいます。

自然妊娠というのは20代であっても2割程度と決して高いものではありません。

すぐにできるというイメージもあるかもしれませんがそうではなくまずは1年計測してから判断

するのも大事でしょうね。

 

 

ベジママ 効果なし